Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっどどれだだ~

やっど、やっど、どれまじだ~~~~

ジョニーのおしゃぶり~~~~!!

「チューチューはベイビー。もうバイバイ。ポイポイ。」

と自らゴミ箱にポイしたのです。
もう家族じゅうで喜こびました。


でもね、実言うと、この一週間大変で。
ある時、突然やってくるんです。

「I want、チューチュー!!」

おい~~~~~!!!バイバイしたやろって!!!
子供に理屈は通らない(-_-;)。
夜中に起こされるやら、外出中の道中で騒がれるやらで。

でもなんだかかんだか言っているうちに、
文句を言わなくなってきたんです。
やっだ~~~~~よがっだ~~~~~


おしゃぶりのついでに、おむつも取れました~。
今じゃ得意げに、スパイダーマンのブリーフはいてます(^^)。
(ときどき漏らすのは愛嬌ってことで(^_^;))
そうそう、夜中もですぅ♪イブもいっしょに・・・


さよなうら、おしゃぶり&おむつさん!
いつかは取れるものなのね


ジョニジョニ

スポンサーサイト

幼稚園でボランティア

今年になってから、イブは毎朝幼稚園(Kindy)に通っています。
普通はチャイルドケアにまず行って、そこからバスで集団登園するのですが、火曜はチャイルドケアを使っていないので、私が連れて行ってます。

でも困ったことがあるんですよねぇ。

下のお子さんがいる人はわかると思うんですが、
上の子を幼稚園に連れて行くと、下の子も園に残りたがって、
なかなか帰られないんです・・・・

ジョニーがまさしくその状態。
去年その幼稚園のプレイグループに連れて行っていたのでなおさら。。

幼稚園の門を開けると、2人はまるで外に放したウサギのように
パアーーーッと跳んで逃げていきます(^_^;)。
もう捕まえるのは不可能に近い!

先生に挨拶して、イブだけ置いて帰りたいんだけど、
ジョニーはもう、おもちゃに没頭中。

「もう帰るよっ!マリオン行くよっ!ほらっ!」
と叫びますが、身動きもしませぬ・・。

これは力づくか~~、と引っ張ろうとしますが、
先々週はこれで大泣き(約20分)されたので、
そうもいきません。恐い。目立つ。

ってなわけで、今週は私とジョニーも幼稚園に参加
(ジョニーは勝手に遊ぶ、私はボランティア)
ということになってしまいました・・・・・・・・・・・。

まあどうせジョニーを連れていると、
マリオンに行っても落ち着いて買い物もできないし、
プレイスペースに行かされて、私はぼーっとするだけだし。
ボランティアもたまにはいいかと。
ジョニーも楽しめるし、イブが幼稚園で何やっているかも見学できるし。
私の英語の勉強にもなるし、いい経験になりそうです。うん。


先生に事情を話し、残ってもいいですかぁ?と聞くと、
「当たり前よー!とっても嬉しいわ!!!」
なんて感じの熱烈大歓迎のお言葉(英語)を頂きました。

ここの幼稚園は割と小規模で、園児は午前で30人ぐらいでしょうか?
でもレギュラーで来ている先生も3人しかいなくて、
遊具出しや、後片付けなんかがすごく大変です。
なんせ片付けている矢先にまたおもちゃ出されますから・・・
だから結構遊具の出し入れは、やりがいありました(笑)。

あとやったのは、子供に貸し出す図書やおもちゃのパッケージのラベル貼り。来週から始める新しい企画だそうです。

私がラベルを貼っている間、子供たちは3つのグループに分かれて、
それぞれ先生といっしょに何やらやってました。
どうやら年の違いでグループに分けて、相応なことをやっているみたいです。
私のすぐ横でやっていたのは、一番年長さんのグループ。
けがをしてしまったお友達のことで話をしたり、本を読んだり、
私を紹介してもらったり(笑)、先生からの一方通行ではなく、
たくさんの子が元気に発言していて、ちゃんと会話が成り立っていました。

さすが年長さんです。
イブもあと数ヶ月したらこんなことができるのかしら・・
と少し心配になってしまいましたが・・(^_^;)。

その後、スナックタイムがありました。
子供達は家から持ってきたフルーツを食べます。
そこで驚いたのが、ダイレクターの先生が、子供達のフルーツを
ひとつひとつ切ってあげてたこと・・・・。
私はお弁当のように、ちゃんとフルーツを切ってパックしてましたが、
そんな子は稀で、殆どの子がフルーツを丸ごと持ってきてるんです。
いや~~っ、オーストラリアのお母さん、不精です(笑)。

子供たちは一列にならんで、フルーツを切ってもらう順番を待って、
切ってもらった子は、床に座って食べてる子もいれば、
歩きながら、遊びながら食べてる子もいれば・・・と、
なんとも無管理状態なスナックタイムでした。
きっと日本だったら、机と椅子を出して、皆で座って食べそうですよね!
オーストラリアでは、こんな感じです(爆)。

急にやることになってしまったボランティアですが、
なかなか幼稚園のことがわかっておもしろいもんでした。
また来週もやろうかしら??


オーストラリアで働こうと思っているお母さんへ

今オーストラリアに住んでいて、子供がいるんだけど、
そろそろ働きたいなと思っている私みたいなお母さんへ。

子供を預ける費用の方が高くて、結局働いても無駄なんじゃ?
と思っているかも知れません。
だけど、オーストラリアって結構補助が出るんですよ。
すごくいい国ですよね。

補助の額は世帯の総収入と、子供の人数によります。
詳しくはこちらのページを見てください。
 →Familiy Assistance OfficeのChildcare Benefitについて
チャイルドケア・ベネフィットを受け取る資格についてはこちらへ
 →Can I get Child Care Benefit?

はじめのリンクの表の右側に出ているのが時間毎のサポート金額です。
子供が1人~3人の場合、もし100%サポートであればこの額が出ます。
(チャイルドケアに直接払われる。)

世帯年収が$34,310以下の場合は100%になりますが、
もしそれ以上で査定をしてもらいたい場合は、
"If your family income is more than $34 310"のリンクから、
"contact us"をクリックし、世帯総収入と子供の人数を記入して送ると、
電話がかかってきて何%なのかをおしえてくれます。

ただ私がわからないのが、サポートしてくれる時間が
50時間の場合と24時間の場合があることです。
これは別途問い合わせた方がいいと思います。

通常チャイルドケアは日に11時間経営していて、
補助に関しては何時から何時まで使っても、11時間でカウントされます。
なので50時間の場合週に4日使うと(11時間×4日=44時間で50時間以下)
自己負担をかなり抑えることができるのです。

仮に世帯年収が$34,310以下で子供が1人、
1日50ドルのチャイルドケアを週4日利用した場合、
補助無しだと200ドル払わねばなりませんが、
補助がある場合148ドル出るので、自己負担は週52ドルだけです。

年収は税引前の額で計算してください。
家計のやりくりのために計算するのであれば、
税金を引くのをお忘れなく。

 【参考 オーストラリアの所得税】
       所得金額  居住者税率 非居住者税率
      $0~$6,000   0%     29%
   $6,001~$25,000   15%     29%
  $25,001~$75,000   30%     30%
 $75,001~$150,000   40%     40%
 $150,001~         45%     45%


それでは一緒に頑張りましょう(^^)。

自分のキャリアと英語圏での就職活動

お約束の6つの会社に応募するってのはとりあえずやっているものの、やりたい仕事で、かつ自分のスキルに合致した求人ってのはなかなかないものです。2週間で1個あるかないかってところです。
それでも履歴書は送らなければなりません。当然すごく背伸びをしている求人(日本だったらそうでもなかったりするんだけど・・)にも応募するわけです。結果は見えてるんですよね・・・。

私が探しているのは、ERPシステムのアナリストかプログラマー、あるいはWebシステムのプログラマーです。日本ではアプリケーションシステムの設計と作りこみを担当する人をSE(システム・エンジニア)と言いますが、こちらではアナリスト・プログラマー(もしくはプログラマー・アナリスト)と言います。

私の日本での経験からすると、メインフレーム環境でのCOBOLを使った金融系大規模システムを5年やっていたので、この手の求人にも応募できるのですが、この仕事、にはなりますが、何しろ環境が古すぎて将来を考えるとやばい。また夜中に実行されるバッチシステムの可能性が高い。これがどういう意味かというと、システムが夜中にアベンド(アブノーマル・エンド)すると、夜中のうちに復旧しに会社に出向かねば行けない可能性が高いのです。子持ちの身に、それは避けたい・・・。

あとはリレーショナルデータベース実装用のデータモデル作成コンサルタントを5年ほどやっていましたが、これはいわゆるニッチ産業の部類に入るもので(笑)、労働市場では日本でもこちらでも、このような求人はまずありえません。アプリケーションエンジニア・コンサルタントにとってはとても有用な知識ではありますが、これだけでは普通飯は食えない。

他の経験といえば・・・

最後の会社で1年余りやったリソースマネージャー。人事部の仕事で、社員(コンサルタント)をプロジェクトにアサインする大層な仕事でしたが、技術職ではなく技術知識を生かしたマネジメントの仕事だったので、コミュニケーション力や交渉力が非常に需要、すなわちオーストラリアではこのような仕事は、今の英語力の私には無理です。

ということで、2年の経験のあるERP(経理モジュール)のアナリスト(日本ではコンサルタント)か、カスタマイズをするためのプログラマ(私はどちらもやっていた)、あとは独学のWebプログラマしかないのです。

しかしこの中でも、ERPのアナリストはコミュニケーションがものを言う職種。英語圏で同じ仕事をするための英語力は、MBAを持っている人でやっとという感じでしょう。またオーストラリアではこの職種の人材は不足していると聞きますが、アデレードでの求人はゼロではないにしろ、かなり少ない。また私がやっていたPeopleSoftはもう下火になっていて、SAPやOracleの経験がないとできなかったりする。プログラマだとなおさら。ということで応募はできますが、可能性は限りなく0%に近い(笑)。(先日HAYSで紹介してもらった求人は快挙です。でもきっとダメ(+_+))

そんなわけで頼りはWebプログラマ。でもこれはこれで、MCPはとりボランティアでのWeb開発経験はあっても、業務上は未経験。応募できるのは新卒の求人ぐらい。さらに今は新卒がちょうど就職活動をしている時期なので、もろにコンペです。

知人などにITの仕事探してるっていうと、すぐに見つかるんじゃないかと言われたりしますが、一口でITといっても色んな異なる分野がありすぎるわけで。例えばアプリケーションエンジニアがインフラ系のエンジニアには簡単になれません。その逆もしかりです。移住当初は実はインフラ系をやってみようと思い、手始めにA+(エープラス)という国際資格をとったりしましたが、さらに新しく覚えなければならない知識(サーバーの知識など)が、業務経験がないとなかなか身に付かないということから挫折しました。こんなんだったら、アプリケーションエンジニアとしての、新しい分野に挑戦したほうがましだと思ったわけです。今までの経験が少しでも役に立つわけですしね。英語でなるべく自分の首をしめないように職種を選びたいわけですが、キャリアチェンジはできるだけ避けた方がいいんですよね・・・そこが難しいところです。


待ちに待った求人だが。

HAYSに行ってきました。

コンサルタントは初めに会ったナタリーではなく、
キャメロンという男性。
(キャメロンという名前は女性だと思ったけど男の名前でもあるらしい。)
電話してきたときは、落ち着いてゆっくりしゃべるので
おっさんか!と思ったが、会うと、おお、若いじゃん。
Australian Idolのアンソニー似のソース顔じゃありませんか。

・・ってどうでもいいんですがね(^^)。

紹介してもらった仕事は、SA政府のとある機関のもので
PeopleSoft financialを導入するプロジェクト。
ポジションはアプリケーション・スペシャリスト。
日本でいう、導入コンサルタントです。
これぞまさしく私が日本でやっていた仕事!!!

政府の仕事は、以前国防関係の仕事にアプライしたことがありましたが、
そのときは市民権を持っていないとできませんと断れました。
国防関係は、そりゃそうですよね、謀反されるといけませんから、
移民でも愛国心があって、市民権は持っていないと。

今回も政府関係ですが、幸いなことに市民権がなくてもできるそうです。

ただ、ですねえ・・・・・

この仕事は日本語でやっていても大変な仕事でした。
日本語でやっていても、コミュニケーション・ミスは起こって、
それが大問題を引き起こしたりします。

それなのに、英語でできるか?

私の英語力、過去に余り書いていなかったと思いますが、
99年に会社で受けたTOEICが735点で(確か 笑)、
その後なんも試験受けていないので、上がっているのか下がっているかも
わかりません。
私は他の日本からの移民のように、英語をちゃんとと勉強して
技術独立ビザで来ている人と違って、
ダンナがアデレード人だったので、結構思いつきで
こっちに越してきちゃったんですよね・・・。
だから、、ううう~ん。

正直言って、この仕事は、自信ありましぇ~ん・・。

アンソニーはキャメロンは、
「あなたの英語はそんなに悲観するレベルではない」と言ってくれましたが・・。
ああ、もう、あなたにそう言って貰っただけで十分ですと(笑)。

一応レジュメは送ってもらうことにし、
もし先方が納得すれば、面接ということになるそうですが、
万が一面接になっても、きっと当たって砕けるだけでしょう(笑)。

また報告します。

就活報告

あんまり書くことがないんですが・・就職活動報告です。

今まで連絡が来たのは2件。
1つめは電話がかかってきて、
そこで面接のような質問をいきなりされてしまいました。
何も準備していないところを不意打ち攻撃ってやつ(笑)。
むろんバツです。

2つめは面接に行ってきました。職種はWeb Developer。
面接自体はうまくいったので、これはいけるかな~っと思ったのですが、
私はWeb Developerとしての実務経験がないので,
できるっていう証拠が必要なんですよね。
作ったWebアプリのコードを送ってくれと言われてしまいました。
そのような準備をしていなかった私は、
今開発中のボランティアサイトのコードを送るしかありませんでした。
普通仕事でプログラムを書くときは、他人が見てもわかるように
整理してわかりやすく書く心構えがあるのですが、
このサイトのプログラムは、自分だけしか絶対見ない!
というアタマがあって、かなり無駄が多かったり可視性ゼロ。
おまけにコメントが日本語。

案の定連絡きません。あちゃーって感じ・・・。

こちらの採用条件は超現実的です。
これからはプレゼン用のコードを準備せにゃなりません。

しかし確実に採用されるためには、
コードを見せるより結果のシステムを見せるのが一番いいわけです。
Webだとそれが簡単にできるし。
多分たくさんのWeb developer希望者がやっているのでしょう。

こんなわけで、今はやはり地道にシステムを作っていくしかない
と思ったのでした。

さて明日はHAYS(リクルートメント・エージェンシー)
でPeopleSoftの仕事があったというので、行ってみます。
うまくいくといいんだけど。


お家でプール

めずらしく、狂ったように更新中です(笑)。

ここ数日、残暑が厳しい。。
今日なんか節分も終わったと言うのに、最高気温40度。
太陽光線が刺さりました。

外に出かけるのもおっくうで、子供らは裏庭でプール遊びをしました。

お家でプール


バシャバシャ、ザブンザブン、
キャアー!
ワー!

とまあ、うるさいプール遊びでありました。
子供はいいわ。

アンパンマン書けた!

今まで単純な顔しか書けなかったイーヴィー。
この間アンパンマンの顔を書いてしまいました!

日本のめばえという雑誌で、
こんな風に書くんだよ~というページがあって、
それ見て書けてしまったようです。
まったく日本の育児雑誌はスバラシイ・・・・

アンパンマン書けた!


あと、ばあばに送ってもらったアンパンマンパズル(すでにヌケヌケだけど)も
ひとりでできるようになりました。
うれしやうれしや・・・

パズルができた!

ジョニーも誕生日でした

お友達も誕生会のことは書きましたが、
ジョニーも誕生日(1月16日)でした。忘れちゃならねえ。
ジョニーもやっと3歳になりました。

でも実はこの日は、前日から大変だったんです。

というのは、通っていたジョブネットワークの
部屋に置かれていたコーヒーセルフサービスセット。
トレイにはミルクものっていたのですが、これがやばかった。

ミルク入りのコーヒーを飲んだとたん、気分が悪くなりました。
激しい腹痛に襲われ、トイレに通うはめになりました。
(お食事中の方、スミマセン。)

結局その日(15日)から4日間、腹痛と闘い続けました。
これって絶対、食中毒ですよね。
だけど医者曰く、「ガストロ」。
症状がどちらかというとガストロらしい。

でももしガストロだったら、子供に絶対うつっているはず!
(子供達はぴんぴんでした。)
これが食中毒だったら・・ジョブネットワークを訴えてやるのに!!!
例のミルクは他の人が飲む前に破棄しておきました。
なので、被害者はどうも私一人のもよう。
ん~~~良かったんだけど悔しい・・・・


そんなわけで、ジョニーの誕生会も、
義母さんを呼んでやったはやったのですが、
トイレにいた時間が長すぎるわ(笑)、モノは食べられないわで悲惨でした。
ジョニー、ごめんよ!

しかし3歳になったら絶対とろうと誓ったおしゃぶり。

まだ取れてましぇ~~~ん・・

今使っているのが壊れたら、今度はきっと、もう諦めさせる、ぞ。
覚悟するのだ!!!!

誕生会

お友達の誕生会

最近子供のことを書いていないことに気づいた!
日本のじいじとばあばも心配するので、そろそろアップしなくちゃですね。

少し前のことになりますが、1月6日。
イーヴィーが、お友達から初めてお誕生会のお誘いを受けたので、
行って来ましたお友達の名前はジェイルン。
イーヴィーとはチャイルドケアもキンディもいっしょの仲良しです。

※真ん中がジェイルン。ジョニーも大好きです。
ジェイルンの誕生会(3ショット)


場所はノースアデレードの公園です。
ワタクシ母は、日本人ママ友関係以外の
お誕生会に行くのは初めてだったので、少し緊張気味

少し遅れて行ったため、すでにパーティは盛り上がっていました。
私が恐る恐る入っていくと、
「イーヴ!」とまずジェイルンが跳んできました。
そして。私はほぼ全員が初対面なのに、
なぜか皆うちの子たちを知っていて挨拶してくれたんです
よがっだ~~~~。

どうやら殆どがチャイルドケア&キンディの子達のようです。

そういえば、イーヴィーが毎日してくれる
ウワサのお友達がせいぞろいです。
あーこの子がアンジェリーナちゃんか、とか。
この子がこの間ケンカしちゃったヘレンちゃんか、とか。
子供の人間関係が見えて、ちょっとおもしろかった(笑)。

子供達は輪になってゲームをしていました。
並んだ順番に1枚づつ包み紙を開けていって、
最後に開けた子は、中に入っているお菓子がもらえるのでした。
ジェイルンの誕生会(ゲーム)


オーストラリアでの子供の誕生会ではおなじみの、くす球割りもありました。
くす球はジェイルンの大好きなバットマン。
割れると中から、おもちゃやらロリーやらラムネやらが、どさーっと出てきました。
ジェイルンの誕生会(くす球割り)


バースデーソングを歌い、
大きな大きなバットマンケーキを食べ、
最後にはロリーいっぱいのロリーバッグをもらって、
お誕生会は終わったのでした。

ジェイルン、これからもウチの子達と仲良くしてね!


Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2007年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。