Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術と水ぼうそうと高熱と

まだまだ病院にいます(笑)。

今週は月曜日から金曜日まで私は病院から学校に行き、
ジョニーは水曜日に再手術を受けました。

手術はドクターによるとうまくいったということですが、
念のためまだ毎日抗生物質を点滴しています。
痛み止めの薬(病院ではパナドールが使われている)を
口から飲み込めないジョニーは、(無理やり入れても吐き出すんでやんの)
毎日座薬を突っ込まれてます(笑)。

手術は無事終わったのですが、その手術の日、面倒なことが起こりました。
イーヴィーが水ぼうそう(Chicken pox)になってしまったんです。
なんでも幼稚園に、水ぼうそうらしき子が3人もいたとか・・・(来るか?)

しかしながら、水ぼうそうは予防接種を受けているのです。
たぶん普通皆受けてるんじゃないでしょうか。
なのになんでなっちゃうんでしょうか・・?
ナースによると、「It doesn't work sometimes.(時々効かないのよ)」
らしいんですが。
う~~~ん。そんなんでいいんだろうか・・?疑問です。

で、水ぼうそうって潜伏期間が2,3日あるらしく、
前日イーヴィーと遊んじゃったジョニーも、うつっているかも知れないのです。
いや、実はイーヴィーは病院にいる子達とも遊んでいたのです、一日中。
これってやばいんですが・・・・・・・・
だって知らなかったんだもの。しょうがないですよ~


ということで、個室に隔離となりました(笑)。

幸いまだ、水ぼうそうらしき赤い斑点は出てきていないので、
ジョニーの予防接種は効いているかも知れないです(笑)。
なのに翌日の夜、謎の高熱(40度)が出てしまいました。
昼間は熱が下がりましたが、今(金曜の夜)もまだ38度ほどあります。
なぜ???まだ調査中みたいですが、ドクターによると感染症らしいとか。
幸い本人は元気なので、そんなに心配はいらなさそうですが。。
当然、まだまだ退院できそうもありません・・・・・・・

ほんとにもう、なんでこの時期に立て続けに病気が?
年末で忙しい上に、イーヴィーは5日が誕生日。
水ぼうそうは完治するのに2週間かかるということなので、
9日に予定していた誕生日会ができません。
(あ、まだ連絡してないですが(^_^;))
1週間延期したいんだけど、みんなクリスマスの用意とかで忙しいだろうしな・・

私もこれで病院暮らしが2週間になります。
家も遠いし、学校もあるので、全く家に帰れてないです。
慣れたといえど、家に居るようにリラックスできないので、
ストレス溜まりますー

服もも3,4着あるのを着まわしているし、(洗濯機はあって洗濯はしてるが)
シャワーに入るときも、使うのはボディーシャンプーと髪のシャンプーが
いっしょになったものしかなく、髪がものすごく傷んじゃったし、
ベッドはソファベッドだし、食事も食べたい物が食べられないし、
他の患者さんに気は使うし、夜は寝られないときもあるし
(前の記事参照 笑)

ああ、もう、ホント、叫びたい、叫んでいい?

家に帰りたい~~~っ!!!!


ああ、少しすっきりした(笑)。

スポンサーサイト

病院の夜

もしあなたのお子さんが入院して
あなたが付き添いで泊まらなければならない時・・・
それも個室ではなく共同部屋の時・・・

病院では早く寝ることをお勧めします。
とくに子供がたくさん入院している病院は・・

うちの子達は、最も手が掛かる部類に入ると思っていましたが、
上には上がいます。
とくにオーストラリア人の血が入っている子は(笑)。

ジョニーは夜中にトイレに行くことが多いし、
家にいると夜中なのにテレビを見ると言ってきかない。
幸い病院のベッドにはテレビが付いているので
テレビをつけっぱなしで寝ればよし。
(ホントによいのか!?という問題はありますが)

赤ちゃんがいると、もちろん夜泣きにあいます。

3,4歳の子でつわものは、寝言がすごい。
それも突然笑い出したり、泣き出したり。

親が泊まってない場合は、ママー!という叫びを、
しょっちゅう上げる子がたまに。

親が泊まっていればいるで、たまに、いびき

あとどこの病院でもあると思いますが、
夜中に計りにくる血圧計の電子音
こんなに大きな音の設定にするな!!
と叫びたくなるほどでかい音。(オーストラリアだけじゃない??)

夜中に救急で運ばれてくる新患がやってくる音

極めつけはナースのしゃべり声

ということで、早く寝ないと、
全く睡眠時間が取れないことになります。
皆様、お気を付けを・・

英語で授業

はじめて英語で、英語学習以外、の授業を受けました。
ヘルプデスク・アナリストという資格試験用の講義です。
今回の生徒数は12人。私ともう一人スリランカ人以外は
英語のネイティブスピーカーでした。
でもUKやマレーシアなど、他の国から来ている人も多かったです。

マイクロソフトの資格試験に比べると、
仕事をする上での常識的な知識がほとんどで、わりと簡単。
日本で秘書検定ってあるけど、大昔その2級を取ったとき
こんな内容の勉強をしたような気がする。
文書化を心がけるとか、問題解決方法とか・・

だからたぶん、日本語だと眠くなっただろうなと思いましたが、
英語ですし、いきなり振られることがあるので、
ずっと集中していなければなりません。

恐いですよ~。突然振られるの(笑)。
オーストラリア人が何人か集まって世間話をしているところで、
発言を迫られるのに似ています。
ただ英語を母国語をしていないということを
ある程度考慮してもらってたので、余りに英語的に難しい質問・・例えば、

「ヘルプを求めて来た人に対しては、empathy(共感)するようにすること。しかしsympathy(同情)はいけない。empathyとsympathyの違いはなんですか?」
なんて質問はさすがに私には来ませんでした(笑)。
そんな哲学的なこと聞くなぁ~~~!!!

先生はマイクロソフト系の資格を山ほど持っていて
以前ネットワーク系の仕事をしていたというM氏。
章のはじめに、パワーポイントに書いてあることをひとつひとつ
説明していくときはハッキリ発音してくれるんですが、
自分の経験とか、おもしろそうな話をしてくれるときに限って
早口でハッキリ発音してくれないので、
周りの人が爆笑しているのにも着いていけず、気分はもんもん
一応重要なところだけは理解できたかと思いますが、
ネイティブと比べると講義の価値が半減しているのではないかと思います。
無念・・。

もうひとつ、恐いもの。演習です。
1日に2,3の演習がありました。
クラスの座席に座ったままやった演習もあれば、
グループに分けられてのディスカッションもありました。
演習の前、先生がひととおりどういうものか説明してくれますが、
それがわからないと、まずいです(笑)。
前もって演習のテキストを読んでおけばよかったのですが、
1日目、2日目は何もしていなかったので、焦る・汗る。

ディスカッションが始まる直前、横の人に
「これってこういうことですよねぇ?」
と聞いたら、
「いや、違うよ。こういうことだよ。」
って言い返されました(^_^;)。

以前日本で働いていた会社でも、度々こういうディスカッションをする
研修があったりして、日本語でのディスカッションには慣れていて、
牛耳るのが結構好きな私なのですが(笑)、
さすがに英語ネイティブの間ではできませんでしたねぇ~

そんな感じで2日間打ちのめされてしまったので、
さすがに3日目はテキストを読んでいきました。
でもそしたら、結構同等でした。
(他のやつらテキスト読んできてないだよな、ふっふっふ)

ああ、でもこれが仕事でのミーティングだと
前もって予習なんてできないことが多いから、
大変なんだろうなあ、と実感したのでした。。

さて、来週はサーバの講義です。
病院で、一応日本語テキスト片手に予習しておりますが、
集中できないのなんのって(笑)。

とりあえず、頑張ります。

学校のこと

先週やっと学校が始まりました。
海外で学校だから、留学です、留学。

あこがれたなあ、留学

ただ日本人留学でメジャーな大学でもなく、TAFEでもありません。
Excom educationというITの専門学校です。

Job guaranteed !!

と、テレビや新聞で派手に宣伝しているので
こちらに住んでいれば知っている人も多いかと思います。
響きだけだと、すごくやばそうですよね。。(笑)

この学校は、ITのベンダー資格(Microsoft、Cisco、Novellなど)
やCompTIAなどの国際団体の資格取得を目的とする授業を行っています。
ちゃんとMicrosoftのGold Certified Partnerにもなってます。

私のとったコースは、"Express IT"コース。
ますますやばそうな響きですが、
確かにやばいことは私もわかっていて。
というのも、このコースを終了すれば、

未経験でもIT業界に就職できる


と言っているんですよね。
でも私的には、コンピュータに触ったこともない人が、
1年(試験に合格する猶予期間)ですべての科目の試験に合格して、
で、さらに実際に仕事をするのは無理じゃないかと・・。

実際来ている人を見ていると、
仕事はITじゃなくても、趣味でコンピュータおたくっぽい
ひとが多いですよ。
まあ学費が高いこともあるし、IT業界未経験でも、
そうとう前もって知識があって、試験に受かる自身がある
人しか実際は来てないのかも知れませんが。

ということですが、このコース、
スタンダード、デラックス、マスターズと3種類あって、
(詳細はここを参照。)

・Certified CompTIA A+ IT Support Technician (A+)
・Microsoft Certified Professional (MCP)
・Help Desk Analyst (HDA)
・Linux+
・Microsoft Certified Systems Administrator (MCSA)

のどれかの資格を取得します。
私はマスターズコースですが、A+は既得だし、
XPは自分で勉強できると言い張ったので、
その2つの科目を差っぴいたカスタマイズコース、
ってことになっています。

1つの資格を取るには、1つの試験でいい場合もありますが、
複数の試験に受からなければならない場合もあります。
ちなみにA+はOSとハードウェアの2つの試験、
Help Desk Analystは1つ、
MCSAは必須科目3つと選択科目1つです。(詳しくはコチラ

実際に講義があるのは、各試験毎に2日~10日で、
通常は1,2ヶ月にひとつの試験用の講義があります。
私の場合、カスタマイズしてもらって
1ヶ月に2つ程の講義をとり、最短で講義を終わらせるスケジュールに
してもらいました。
試験の日は自由に決められて、各自試験対策が十分できた、という時点で
試験の予約を入れます。
特に次の試験科目の講義までに、前回の科目に合格する必要はありません。
落ちたら、また受験料を払って再受験するのみです。
懐の豊かな人は、ですね・・・。
実際には1科目1万五千円以上する試験をそう何回も受験できませんので、
絶対受かる自信がつくまでは受けません。基本です(笑)。

試験を自由にスケジュールできるのはいいのですが、
先ほども書きましたが、ここでひとつ制約があります。
Job Guaranteed! のサービスを受けるには、
自分が受講している科目のすべての試験に、
1年以内に合格せねばなりません。
ここが結構ミソだったりして・・・。
はっきり言って、学校の講義とテキストだけで各試験に
一年以内に何個も合格するのは至難の業です。
受験者は自分で試験対策本なり、問題集を別途購入し、
それなりの受験対策をする必要があります。

こういうことを知らずに、この学校に入学すると恐いことになると思います。
(多分たくさんいると思いますが・・)

あとJob Guarantedは、就労できるビザを持っていることが条件です。

長くなったので、講義の感想は次回に・・・。

あと一週間。。

先日のジョニーのバグの検査(デバッグじゃないよ 笑)で
まだまだ良くなっていないとわかり、
手術が12日の水曜日まで伸びてしまいました。

たぶん手術後2,3日はまだ入院しなきゃならないので、
あと一週間は病院暮らしです <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!

そもそもなんでこうなったかというと・・・

はっきりした理由は誰にもわからないんですが、
このところジョニーは砂場で遊ぶのが好きで・・・。
チャイルドケアやキンディから帰って来て
家に入って靴を脱いだ跡を見ると・・・・

山盛りの砂 (o ̄∇ ̄)o!!ガーン

靴だけではありません。
ズボンのポケットからもザラザラ・・。
放っておくと、家の中に2個も3個も砂の山ができています。

当時ジョニーの傷口は4分の3がいい具合に治ってきていたのに、
残りの4分の1のスキングラフが剥がれていてしまい、
手術をし直そうか、自然治癒に任せるか、
毎週の検査でドクターが考案中だったのです。

その悪い部分だけバンソーコーを貼っている状態で
毎日砂場で遊んだもんだから、
ばい菌が入ってしまったのでしょう。
もう少し気をつけるべきでした・・・・反省。
ドクターももう少し日常生活の注意を言って欲しかったという気もしますが。

日本だとそういうの細かいですよね。
こっちじゃドクターに会う時間が短すぎで、
なかなかそういう話まで言及されません。
こっちが思いついたことを聞かない限り・・・
ドクターには頼りっきりにはなれなくて、
どんどん自分で調べて聞かないと駄目って感じです。

己の命は己で守れと。
そういうことですね。(恐・・

それにしても、来週は病院から学校に通うことになります。
学校はシティにあるので、とても近いですが(笑)。

やっとPCゲット

やっとアクセスできました。

先週の月曜から学校が始まって、
怒涛の3日の授業が終わった次の日はXPの試験を受けて、
その試験の帰り道、ジョニーの緊急入院の知らせを受けて、
その後ずっと病院に居たため、ブログ書く暇ありませんでした。。

さらりと連絡だけ。

学校 → ヘルプディスク・アナリストの講義。
       内容は常識的なことなのに、やはり英語で苦戦。
       久々にIT人に囲まれていい刺激でした。

試験 → 合格。確か950点ぐらい。(スコアが手元にない)
       今回は試験を学校で受けることになったため、
       学校が始まるまで受けられなかった。
       時間をかけ過ぎたので、高得点はあたりまえだす。

ジョニーの入院 → 木曜の診察で菌が発見された。
            そのため一部スキングラフが剥がれてしまい、
            再度かぶせる手術を行うことになった。
            現在洗浄・殺菌中。うまくいけば明日(水曜)手術。

という感じです。
来週サーバの講義が始まるので、それまでには家に帰りたいなあ。

リベンジ!!花の歌

この間ピアノを買ったので
イーヴィーに練習してもらいたいんだけど、
当の本人は全く集中力がなく、
私が、姿勢とか指使いとか、ちゃんと教えているのに

ほとんど無視。

「ママ、見てみて!ケア・ベアの歌!」
(適当に両手でデタラメを弾く。。(・_;☆\(-_-)ナンデヤネンッ)

あ~やっぱり先生の所に行かなきゃならないのか、
それとももう少し待つべきなのか・・・。


その変わりといってはなんですが、
私の方が弾きたくて、うずうず。
試験勉強をしなければならないのに。。
でもちょっとぐらいいよね・・・(^_^;)

最初弾いたときは、
手がコンピュータのキーボードに慣れてしまって、
小指に全然力が入らない。
あと、指が動かない。

しょうがないか。なんせ25年以上前だから・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

それでもなんとか"ハノン"の練習曲を思い出し、
両手で3オクターブぐらい弾いてみる。
うんうん、だんだん慣れてきたぞ。
これだったら普通の曲も弾けるかな?

そういえば、5歳から続けたピアノをやめたのは
中学1年か2年の時。
ちょうど辞めたときに貰っていた発表会の曲が、ランゲの"花の歌"。
すごく好きな曲だったのに、
うまく弾けずにスランプに陥り、
発表会を待たずに辞めてしまったのでした。

そこで決心しました。

"花の歌"をリベンジで弾いてやろうと。

でも楽譜を持っていなかったので、
手が覚えているままに弾いてみる。

・・・んん~。惜しいけどダメ。
やっぱり楽譜がいる。

それで日本の実家から楽譜を送ってもらいました。

すると・・・・

弾ける弾ける!!

小さい頃の記憶というのは恐ろしいものです。
体が覚えているんですよね~。

まだちょっとつっかえるけど、
何週間か練習すれば、ちゃんと弾けそう。

習っているときは、弾けて当然で、
それで少しうまく行かないと落ち込んだものですが、
弾けるとは思っていなかったのに、弾けてしまうと、
頑張ってマスターしようという気になるものです。

この調子で毎日30分、練習するぞ~!


苺のショートケーキ

久しぶりにケーキを焼きました。

練習の苺ショートケーキ


私がケーキを焼くなんて・・・
きっと何かあるに違いない。
そうです。
イーヴィーの誕生会が12月にあるので、
その練習なんですね、これが。

リクエストが、苺のショートケーキ。
いつもスポンジケーキといえば、箱入りインスタントで作り(笑)、
あんま~~~~~くなって、とても食べられなかったんです。

そこで今回はスポンジから焼きましたよ。
参考にしたレシピはこちら

薄力粉がなかったので、Self raising flouer。
コーンスターチがなかったので、ポテトスターチ。
23cm型がなかったので、家にある21cm用に2/3の量を計算。
電動ミキサーがないので、手動(笑)。

という無謀さでしたが、できたスポンジは、
目が少し粗かったけど、ふわふわでした~!!

反省点は、
・スポンジの切り口には、苺ジャムを塗った方がいい
・ケーキ型は底がとれるタイプがいい

ということで、もう一回ぐらい練習するぞ!

(本番の頃には、イーヴィーはきっと飽きてます。ヾ(--;)ぉぃぉぃ)

オーストラリアで受けるIT試験

しばらくサボりました。
というのも、XPの試験勉強が予想外に大変だったため(^_^;)。
やっと目処がたったところです。

前回の更新からは、ジョニーが幼稚園(Kindy)の
プリエントリーに行き始めたり、
サマータイムが始まったりと色々ありましたが、
普通に元気にやってます。

XPの試験勉強ですが、やはり独学はきついものがあります。
サーバーを触らないとわからないところが沢山あるし、
おまけになぜか、WindowsXPのCD-ROMを無くしてしまった!
なんというヘボ。

試験はもちろんアデレードで受けます。
(受けられます。石川県じゃ難しいのにね。スゴイわ!笑)
マイクロソフトの試験の内容、必須科目なんかは、
グローバルで統一しているのか、
ほぼ日本と同じとみてよいと思います。

じゃあ、日本語で受けられるんだ!!!

と思った方、甘いです(笑)。

何年か前にCompTIAのA+を受験したときに、
それを密かに期待してたんですが、
試験会場を管轄しているPrometricに電話で聞いたところ、
日本語の試験が存在するにもかかわらず、
オーストラリアでは受験者が少ないがために
会場で日本語の対応をしていないそうです。

日本に帰国して試験を受けるには費用がかかりすぎるので(笑)、
したがって英語で受験することになります。

さあ、そうなると大変なのが試験勉強。
試験は英語だけど、テキストや問題集は日本の物を入手できる。
(もちろん誰かに送ってもらわなけらばなりませんが)
英語の得意な方は、はじめから英語のテキストで勉強すればいいですが、
私の場合、未知の概念を知識として取り込むのに、
英語では時間が掛かり過ぎるのです。
できないことはないのですが、能率の問題です。

ということで取っ掛かりはいつも日本語テキスト&問題集。
今回はMCPを受験する人なら誰もが知っているであろう赤本。

XPの赤本


かなり有名なシリーズです。
90万部突破!ということは、どれどれ、計算してみてください、
なんと国民(1億1千万人)の約1%が買っているということですよ!
これは絶対にやらなくちゃ・・・と意気込んで買いました。

なのに・・送ってもらって中身を見て、失望しました。
確かに、要点は押さえてあって、試験に出るところばかりなんでしょうけど、
画面のハードコピー以外に、図がありません。

あと私は、ページ(や見開きのページ)単位で、
あるテーマが書かれている本が好きなのですが、
この本はもちろんそうじゃありません。
要するに、文章と画面のハードコピーと、たまに操作順序が、
延々と続いているのです。

海外に住んでいると、日本語の本は立ち読みで
中身を調べるってわけにいかないので、
(ちなみにアマゾンの"なか見!検索"もできなかった)
このようなことが起こります。残念。

はじめにこの本で、体系的に勉強しよう、と思っていましたが、
これでやる気喪失。
しょうがないので、日本語の問題集を買ってそれでまず勉強。
100問ぐらいあって、幸い解説がわかりやすい問題集だったので、
これである程度の知識ができました。

その後は、英語の予想問題集にうつります。
日本でもクラムメディアとか、出てますけど、
その手の的中率の高い問題集です。
この手の問題集はある程度暗記すれば合格できてしまうのですが、
それじゃあ仕事で使えないので、
問題1つ1つを、簡潔に日本語要約・一般化させて、
こういうケースはこう対応する、とノートにまとめていきます。

このノートができると、もう英文はあまり読む必要無し!!
実際の業務にも役に立つ!!!!!
と思いやっていることですが、
今回、これで結構時間がとられました。
なんせ200問もあったので・・・・

でもやり終えて、やはりやって良かったです。
ついでに英語の勉強にもなっているでしょう(笑)。
さあ後は総仕上げをして、本試験を受けるだけです。

結果はどうなるかな?

Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。