Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T6]

アプリケーションエンジニアアプリケーションエンジニア(略称アプリケーション、もしくはAE)は、情報処理技術者試験の一区分であるアプリケーションエンジニア試験に合格した者に認定される資格である。この資格は対象業務の分析からシステム設計・基本設計・詳細設計・プ
トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/106-8c768153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分のキャリアと英語圏での就職活動

お約束の6つの会社に応募するってのはとりあえずやっているものの、やりたい仕事で、かつ自分のスキルに合致した求人ってのはなかなかないものです。2週間で1個あるかないかってところです。
それでも履歴書は送らなければなりません。当然すごく背伸びをしている求人(日本だったらそうでもなかったりするんだけど・・)にも応募するわけです。結果は見えてるんですよね・・・。

私が探しているのは、ERPシステムのアナリストかプログラマー、あるいはWebシステムのプログラマーです。日本ではアプリケーションシステムの設計と作りこみを担当する人をSE(システム・エンジニア)と言いますが、こちらではアナリスト・プログラマー(もしくはプログラマー・アナリスト)と言います。

私の日本での経験からすると、メインフレーム環境でのCOBOLを使った金融系大規模システムを5年やっていたので、この手の求人にも応募できるのですが、この仕事、にはなりますが、何しろ環境が古すぎて将来を考えるとやばい。また夜中に実行されるバッチシステムの可能性が高い。これがどういう意味かというと、システムが夜中にアベンド(アブノーマル・エンド)すると、夜中のうちに復旧しに会社に出向かねば行けない可能性が高いのです。子持ちの身に、それは避けたい・・・。

あとはリレーショナルデータベース実装用のデータモデル作成コンサルタントを5年ほどやっていましたが、これはいわゆるニッチ産業の部類に入るもので(笑)、労働市場では日本でもこちらでも、このような求人はまずありえません。アプリケーションエンジニア・コンサルタントにとってはとても有用な知識ではありますが、これだけでは普通飯は食えない。

他の経験といえば・・・

最後の会社で1年余りやったリソースマネージャー。人事部の仕事で、社員(コンサルタント)をプロジェクトにアサインする大層な仕事でしたが、技術職ではなく技術知識を生かしたマネジメントの仕事だったので、コミュニケーション力や交渉力が非常に需要、すなわちオーストラリアではこのような仕事は、今の英語力の私には無理です。

ということで、2年の経験のあるERP(経理モジュール)のアナリスト(日本ではコンサルタント)か、カスタマイズをするためのプログラマ(私はどちらもやっていた)、あとは独学のWebプログラマしかないのです。

しかしこの中でも、ERPのアナリストはコミュニケーションがものを言う職種。英語圏で同じ仕事をするための英語力は、MBAを持っている人でやっとという感じでしょう。またオーストラリアではこの職種の人材は不足していると聞きますが、アデレードでの求人はゼロではないにしろ、かなり少ない。また私がやっていたPeopleSoftはもう下火になっていて、SAPやOracleの経験がないとできなかったりする。プログラマだとなおさら。ということで応募はできますが、可能性は限りなく0%に近い(笑)。(先日HAYSで紹介してもらった求人は快挙です。でもきっとダメ(+_+))

そんなわけで頼りはWebプログラマ。でもこれはこれで、MCPはとりボランティアでのWeb開発経験はあっても、業務上は未経験。応募できるのは新卒の求人ぐらい。さらに今は新卒がちょうど就職活動をしている時期なので、もろにコンペです。

知人などにITの仕事探してるっていうと、すぐに見つかるんじゃないかと言われたりしますが、一口でITといっても色んな異なる分野がありすぎるわけで。例えばアプリケーションエンジニアがインフラ系のエンジニアには簡単になれません。その逆もしかりです。移住当初は実はインフラ系をやってみようと思い、手始めにA+(エープラス)という国際資格をとったりしましたが、さらに新しく覚えなければならない知識(サーバーの知識など)が、業務経験がないとなかなか身に付かないということから挫折しました。こんなんだったら、アプリケーションエンジニアとしての、新しい分野に挑戦したほうがましだと思ったわけです。今までの経験が少しでも役に立つわけですしね。英語でなるべく自分の首をしめないように職種を選びたいわけですが、キャリアチェンジはできるだけ避けた方がいいんですよね・・・そこが難しいところです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T6]

アプリケーションエンジニアアプリケーションエンジニア(略称アプリケーション、もしくはAE)は、情報処理技術者試験の一区分であるアプリケーションエンジニア試験に合格した者に認定される資格である。この資格は対象業務の分析からシステム設計・基本設計・詳細設計・プ
トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/106-8c768153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。