Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C195] よく頑張ってるね!!

術後に目覚めて大泣きをしたのは大変だったみたいだけど、そのあとケロッとしてくれて助かりましたね。 でも、「一難去ってまた一難」て奴ですか? 体を壊さないように気をつけてくださいよ!!
ジョニー君はお母さんが頼りですよ!!
  • 2007-09-04 02:53
  • 二子山
  • URL
  • 編集

[C196] 二子山さんへ

二子山さん、ありがとう。

そうなんです、結局ケロリと通常モードになったのでよかったんです。その時は・・。

ホント、難儀なことばかりで大変ですが、今回のジョニーの2つ手術のあとは、ジョニーをカッコいいスポーツ刈りにすることを夢見てがんばりますよ(笑)。
  • 2007-09-05 11:13
  • EveJohnnyママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/145-2bc71386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョニーの手術(報告1)

先週、うちのジョニー君はバースマークを切除する手術をしました。
(それって何?と思った方はこちらへ)
病院はノースアデレードにある、Women's & Children's Hospitalです。

あざを取った後、頭の後ろの皮を上に移植することになっていますが、
今回の手術は、ただあざを切除するだけになります。
そして1ヶ月後に、こんどは皮の移植手術を受ける予定です。

とくに病気というわけではないし、
(残しておくと皮膚がんになる可能性は高いらしいですが)
お世話になるのはプラスティック・サージャリー(形成外科又は美容外科?)なので、よくテレビでやっている「Extreme make over」
(USのTV番組。美容外科手術によって、応募者の体の醜い部分を徹底的に直し、術前術後を比べて感動するお話!) のごとく、
とくにトラブルなどなく、すんなりきれいになるのかな~、
なんて思っていた私は、、、、  甘かったです・・

まず手術をした日・・・麻酔から覚めた直後は大泣きしました。
とくに痛みを感じているというわけではないらしいのですが、
頭を包帯でぐるぐる巻きにされており、
もちろん傷口の違和感もあったのでしょう。
きっと大人だったら理解ができるので泣くことはないんでしょうが、
まだ3歳ですから・・・きっと何が起こったのかわからなかったんでしょうね。。
なかなか泣き止まなくて、まるで赤ちゃんのように抱っこして落ち着かせようとしましたが、私も私で、まるで腫れ物に触るように(腫れているどころか傷になっているわけですが)、抱っこもぎこちなくしかできなかったです・・。

それでもやっと寝てくれて、その後1-2時間後に目が覚めた時は、
幸い何事もなかったようにケロッとしてました。
私が「頭の黒いのをとったんだよ!」と説明すると、
本人もなんかわかったような顔をしていて、巻いている包帯も
これはしょうがないんだ、と思ったのか、その後は泣くことはなかったです。

ですが、体温を計ってみると、なんと38度
ジョニーは風邪はひいていないと思ったんですが、時々咳をしていたので、
もしかしたら私の風邪がうつったのかもしれない
(あいかわらず私はその時微熱がありました)と思いました。
でも手術によるものかもしれないということで、1泊の入院の後、
ドクターに見てもらうことにしました。

この入院はスケジュールされていたもので、私が付き添いで泊まりました。
(ホントは私は風邪を引いていたのでダンナにやらせたかったけど、
なんせ病院がWomen's & Children'sだもので・・・ 私がすることに 泣)
私は自分自身の入院の経験はあったものの、
付き添い入院は初めての経験でした。
付き添いの人には食事は出ませんが、ソファベッドとリネンは支給されます。
余談ですが、私はジョニーのベッドの横に置かれたソファは、
単なるソファかと思い、「え~~、ソファで寝るんだ~、げ~」
とソファの上でずり落ちそうになりながら寝ていたのです。
そしたら検診に来たナースは、「それはソファベッドよ、ほ~ら。」
とベッドの作り方ご教授(^_^;)。もう嬉しいやら恥ずかしいやら・・・・

ジョニーの部屋は4人部屋でしたが、ベッド2つは空いていて、
1人小学校低学年ぐらいの女の子が入院していました。
やはり足を手術したのかな?
この子の両親は夜10時ぐらいまで付き添っていましたが、
その後、寂しくて泣いている女の子を残してなんと帰ってしまいました。
「これは大変なことになるぞ~」との私の予感が的中。
夜中2時ごろからぐすぐす泣き始め、何度も何度もナースのところまで
痛い足をひきずって行って、「I want my mummy..」(お母さんに会いたい・・)
と泣きつく始末です。
しばらくしてお母さんが駆けつけましたが、もうその間は一睡もできませんでしたよ。家が近いからか知らないけど、子供の手術の日ぐらい付き添ってあげようよ、お母さん!
と眠たい目をこすりながら思ったのでした。

翌朝ジョニーをドクターに見てもらったところ、熱の原因は手術ではなく、
Ear infection(中耳炎)でした。
ジョニーは中耳炎をよくやるので、ああ、またかという感じで
とりあえずその日は病院を後にし、GP(ローカルドクター)で中耳炎用の抗生物質をもらい、家に帰りました。

しかし家に帰ったあと・・・ 大変なことになったのです・・!!

(つづく)

スポンサーサイト

コメント

[C195] よく頑張ってるね!!

術後に目覚めて大泣きをしたのは大変だったみたいだけど、そのあとケロッとしてくれて助かりましたね。 でも、「一難去ってまた一難」て奴ですか? 体を壊さないように気をつけてくださいよ!!
ジョニー君はお母さんが頼りですよ!!
  • 2007-09-04 02:53
  • 二子山
  • URL
  • 編集

[C196] 二子山さんへ

二子山さん、ありがとう。

そうなんです、結局ケロリと通常モードになったのでよかったんです。その時は・・。

ホント、難儀なことばかりで大変ですが、今回のジョニーの2つ手術のあとは、ジョニーをカッコいいスポーツ刈りにすることを夢見てがんばりますよ(笑)。
  • 2007-09-05 11:13
  • EveJohnnyママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/145-2bc71386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。