Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1] そうなんですよね~

ラップ、ほんとに日本のはいいですよね。
私達は船便の荷物の隙間がもったいないので、隙間という隙間にラップを入れて持ってきたため、いざこちらで明けてみたら2-30本くらい出てきて、3年間はラップを買わずに済んだのですが、実際こちらのを使ってみておののいた!!まず切れない!次に張り付かない!そしてレンジで使うと破れる!オーストラリア人に日本のラップを体験してもらいたいよ!v-263
  • 2006-03-16 11:41
  • りっちゃん
  • URL
  • 編集

[C2] ラップの問題

りっちゃんさん!
さっそくのコメントありがとうございます。

2-30本ですかー!?こっちで売ったら良かったのに・・v-61

りっちゃんさんのページでもラップのことについて書いてあるのを発見しましたよん。
でもラップだけじゃないですよね~
オーストラリアン・クオリティー。
またこのブログで書きますね~
  • 2006-03-16 22:28
  • EveJohnnyママ
  • URL
  • 編集

[C58]

「良くくっ着く」「良く切れる」「溶けない」この3拍子を持ったラップには、塩化ビニルデンやポリ塩化ビニルという名前の素材が使われています。この使い易いラップからは、古タイヤなどよりも高濃度の塩素、環境ホルモンと疑われているノニルフェノール、ダイオキシンが発生するのはご存知でしょうか?300度以下の低温焼却で発生すると言われています。焼却設備が整備されていない工場では恐ろしいことが現に起こっていると言うことです。ある研究者の実験では電子レンジに使用して高濃度のノニルフェノールが検出されました。オーストラリアもオゾン層破壊による地球温暖化や環境問題には、かなり環境改善に力を注いでいると聞きます。恐らくお使いのラップはポリエチレン素材のものだと思いますが、「着きが悪い」切りづらい」「溶けやすい」という逆3拍子を持っています。実用性(使い易さ)を選ぶのか、環境を重視するのかは消費者各々の決めることですが、それでいいんですか?とみなさんに聞いて見たいと思います。
  • 2006-06-19 12:33
  • かずぼう
  • URL
  • 編集

[C59] かずぼうさんへ

コメントありがとうございます。

そうなんですか・・・・へえーっ・・・ほおーっ・・
ということは、オーストラリアは環境を重視していて、塩化ビニルデンやポリ塩化ビニルなるものを許可していないんですね。なるほど。いやっ、オーストラリアはそういう点むちゃくちゃ厳しいですから・・・納得します。うんうん。
もしかしたら他の「質が悪い」オーストラリア製品にも当てはまる点があるのかもしれませんね。表面上のことで判断しちゃダメですね。失礼いたしました。

[C60]

何だか偉そうに(-.-;)でも実際のところは、ダイオキシンは塩ビ製のラップだけじゃなく色んなものから出るんです。日本も欧米のそういった活動などに感化されてマスコミなどがそういう話をさらに誇大にし、「塩ビ追放運動」や「不買運動」など消費者を巻き込んで物の本質以上に大騒ぎさせているというのが現実のようです。何が本当に良い物・良い事なのか分からない時代なんですねぇ・・・。でも洗剤にせよラップにせよ、使いやすいほうがいいですよねぶっちゃけて言えば・・・環境に良ければ尚良し!ですね。
  • 2006-06-21 13:34
  • かずぼう
  • URL
  • 編集

[C61] 日本っぽいですね

マスコミが消費者を必要以上に敏感にするのは、日本にありがちなケースですね。良い、悪いって言っても程度の問題ですからね。私達も情報に踊らされることなく、賢く物を選びたいですね(^^)。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/7-5a115b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラップの問題

オーストラリアに来て生活していると、色んなことについて、「日本のあれは良かったなあ」「オーストラリアのこれはいいなあ」というものがでてきます。時には「日本のこれをオーストラリアで売ったら絶対売れるぞ!」と考えたくなるものもあります。

そのひとつがキッチンで毎日のように使う、ラップ。

日本のラップは、電子レンジで食品の種類に関係なく使えるのはもちろん、
片手をくるっと回すとカットできてしまう「○レハカット」なるものもある。
とにかく、どのメーカーのものを使っても、ラップなんかで不満は出なかった。

しかし。まだこちらに来て間もない頃。
夕飯にピザを食べ、余ったピザにラップをかけて冷蔵庫に入れておいた。
そして翌日、そのピザを電子レンジで温めた。
もちろんラップをかけたまま。

チーン!(この音はオーストラリアもいっしょよねえ。)
電子レンジのドアを開けた瞬間、目に入ったのは、
大きく穴のあいたラップ。

ん!?なんでラップに穴が開いているいるのだろう?
皿を取り出してみると、なんと、

ラップが溶けている

ではありませんか?!!!!

溶けたラップは、ピザのチーズと融合し、ピザの上は、
あたかも最初からラップなど無かったようになっている!!

げげっ・・・・。電子レンジで溶けるラップなんて聞いたことないよ・・。
こんなの間違って食っちゃったら、一大事だ・・・。キモ・・・

だけど・・よ。それまでも同じラップを使ってて、溶けたことは無かったはず。
もしや・・・・。ラップの注意書きを読んでみた。予想は的中。

「Do not allow ○○○○ Wrap to contact hot fatty food」
(○○○○ラップを、熱い油っこい食品に触れさせないでください)


そう。油の入った食品にラップを使うな(電子レンジで温めるな)、
ということです!!溶けちゃうから!

溶けないこともあったのは、油を使った食品でなかったからなのです。
でも油の入っていない食品なんて、日本食ならまだしも、
探す方が大変でしょ、とくにオーストラリアの食品なんか!!!!

ためしに他のメーカのものも使ってみたが、程度の差こそあれ、
みんな溶けてしまう。注意書きもやっぱりある。
これじゃあ電子レンジにラップ使えないよ・・・。
でも使わないと、乾燥したり、爆発したりするしなあ・・・。

しょうがないので、それから電子レンジで温める食品は
そこの深いどんぶりなんかに移し、食品に触れさせないようするか、
キッチンペーパーをのせるなどして代用するかにしている。

しかし、日本のラップは良かった・・・。
日本のラップをこっちで売ったら、きっとメチャクチャ売れると思うよ。

EveとJohnnyのページへ

スポンサーサイト

コメント

[C1] そうなんですよね~

ラップ、ほんとに日本のはいいですよね。
私達は船便の荷物の隙間がもったいないので、隙間という隙間にラップを入れて持ってきたため、いざこちらで明けてみたら2-30本くらい出てきて、3年間はラップを買わずに済んだのですが、実際こちらのを使ってみておののいた!!まず切れない!次に張り付かない!そしてレンジで使うと破れる!オーストラリア人に日本のラップを体験してもらいたいよ!v-263
  • 2006-03-16 11:41
  • りっちゃん
  • URL
  • 編集

[C2] ラップの問題

りっちゃんさん!
さっそくのコメントありがとうございます。

2-30本ですかー!?こっちで売ったら良かったのに・・v-61

りっちゃんさんのページでもラップのことについて書いてあるのを発見しましたよん。
でもラップだけじゃないですよね~
オーストラリアン・クオリティー。
またこのブログで書きますね~
  • 2006-03-16 22:28
  • EveJohnnyママ
  • URL
  • 編集

[C58]

「良くくっ着く」「良く切れる」「溶けない」この3拍子を持ったラップには、塩化ビニルデンやポリ塩化ビニルという名前の素材が使われています。この使い易いラップからは、古タイヤなどよりも高濃度の塩素、環境ホルモンと疑われているノニルフェノール、ダイオキシンが発生するのはご存知でしょうか?300度以下の低温焼却で発生すると言われています。焼却設備が整備されていない工場では恐ろしいことが現に起こっていると言うことです。ある研究者の実験では電子レンジに使用して高濃度のノニルフェノールが検出されました。オーストラリアもオゾン層破壊による地球温暖化や環境問題には、かなり環境改善に力を注いでいると聞きます。恐らくお使いのラップはポリエチレン素材のものだと思いますが、「着きが悪い」切りづらい」「溶けやすい」という逆3拍子を持っています。実用性(使い易さ)を選ぶのか、環境を重視するのかは消費者各々の決めることですが、それでいいんですか?とみなさんに聞いて見たいと思います。
  • 2006-06-19 12:33
  • かずぼう
  • URL
  • 編集

[C59] かずぼうさんへ

コメントありがとうございます。

そうなんですか・・・・へえーっ・・・ほおーっ・・
ということは、オーストラリアは環境を重視していて、塩化ビニルデンやポリ塩化ビニルなるものを許可していないんですね。なるほど。いやっ、オーストラリアはそういう点むちゃくちゃ厳しいですから・・・納得します。うんうん。
もしかしたら他の「質が悪い」オーストラリア製品にも当てはまる点があるのかもしれませんね。表面上のことで判断しちゃダメですね。失礼いたしました。

[C60]

何だか偉そうに(-.-;)でも実際のところは、ダイオキシンは塩ビ製のラップだけじゃなく色んなものから出るんです。日本も欧米のそういった活動などに感化されてマスコミなどがそういう話をさらに誇大にし、「塩ビ追放運動」や「不買運動」など消費者を巻き込んで物の本質以上に大騒ぎさせているというのが現実のようです。何が本当に良い物・良い事なのか分からない時代なんですねぇ・・・。でも洗剤にせよラップにせよ、使いやすいほうがいいですよねぶっちゃけて言えば・・・環境に良ければ尚良し!ですね。
  • 2006-06-21 13:34
  • かずぼう
  • URL
  • 編集

[C61] 日本っぽいですね

マスコミが消費者を必要以上に敏感にするのは、日本にありがちなケースですね。良い、悪いって言っても程度の問題ですからね。私達も情報に踊らされることなく、賢く物を選びたいですね(^^)。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/7-5a115b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。