Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/99-a68f066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結局、ジョブネットワークって・・・

更新をながらくサボってしまいました

あれからジョブネットワークプロバイダに、
ジョブサーチトレーニングをしに3週間行きましたが
(正確にはジョブサーチ・プログラムではなく、
 ジョブサーチ・トレーニングという名前でした。
 ったく、どかがトレーニングだかわからないけど)
えらいところでした。

一言でいうと、あういう機関のやるべきことは
求職者が職を探すのを助ける、ということだと思うのですが、
そうじゃなかった。

「強制的に、たくさんの職に応募させられ、(それが好きな職種でなくとも)
 就職活動をサボらずにやっているかを監視される」

場所でありました。

これはとくに、ジョブサーチを管理しているトップの男性、
マーティンが、私が参加して1週間で、長期休暇に入ってしまったことで
さらにひどいことになったのでした。

マーティンはまだ良かった。
求職者への気配りも行き届くし、1日過ごす部屋を快適にする努力
(BGMを流したり)もしてくれた。
しかしマーティンが休暇に入って以来、
アドミニ(庶務)で入っていた女性、モニカが管理をすることになって、
事態は一変した。

このモニカという女性、以前から鼻につく存在ではあった。
一度アポイントメントのレターに書かれた日が間違っていて、
私が本来の日ではない日に、ジョブネットワークに訪れた時のこと。

受付にいたモニカは、たくさんの求職者が、
間違ってこの日に来てしまったこと(私だけじゃなかった 笑)に対して
まったく、一言の謝りの言葉もなかった。

確かにモニカがそのレターを書いたのではなかった。
1人の就職コンサルタントが書いたものだった。

だけど、よ。自分の所属している組織の人間が
間違ってアポイントメントの日を書いて、
多く外部の人間が、巻き添えになってしまったのですよ。
受付にいて窓口になっている人は、普通はとりあえず謝るでしょうって・・。
(日本人だと特にね。)

モニカは怒っていました。ため息混じりに。
本来来なければいけない日は、次の日だったのですが、
私は用事があって、行けなかったのです。
(家の仕様を決めるのに、ダンナと共にタイルやエアコンの会社と
打ち合わせがあった。)
だけど、彼女が言ったのは、
「本当は明日なので明日来て下さい。
でも今日何時間かかるかわからないけど、そこで待っていてもいいわ。」
ということ。

私はもちろん、何時間も待ちたくなかったし、
翌日は用事があることを言うと、
「何の用事?」と聞いてきたので
「明日はダンナを巻き込んだ用事がある」というと、
「あなたのことなのに、ダンナさんは関係ないでしょ。」 

カチン!ときました。

おまえらのせいでわざわざこの日来たのに、
その言い方ってある????
普通だったら、替わりのアポイントをリスケするはずでしょうって。
私がそのことをいうと、
「それはコンサルタントと話さないとできないわ。」
(日を誤ったコンサルタントはその時とても忙しかった)

じゃあさ、その人に後から電話かけさせるとか、
なんか対応するのが受付の仕事だろうって!
と叫びたかったのをこらえて、

「なんというコンサルタントが間違えたんですか?」
「ドリーナよ。」
「じゃ、ドリーナに後で電話して、リスケしてもらいます。」

といったら、モニカはかなり怒った顔をして、
「今日は忙しいから、明日朝一でしてね!!!」
と言い放ちました。


前置きが長くなりましたが、そのモニカが
ジョブサーチを管理することになったのです。恐ろしや・・・

ジョブサーチに来ている人は、多いときは15人ぐらい、
少ないときは5人ぐらいでしょうか。
後でわかったことですが、求職者の皆が彼女を嫌っていました(笑)。

本来、私達求職者がしなきゃいけないのは、
センターリンクで言われた、2週間で10個(私は6個)
の職に応募すること。
それがオーストラリアの法律で決められていることです。
ジョブネットワークには、その応募しなきゃいけない職の数を
変える権限はありません。

なのに。モニカは、1年以上失業している求職者に対して、
「1日20個の職に応募すること」
を強制してきたのです。

私が就職活動を始めたのは、
(New Start Allowanceという失業手当をもらい始めたのは)
3ヶ月前だったので、そのようなことは言われなかったけど、
言われた人は、もう本当に大変です。

若い人たちはモニカが言ったことを真に受けて、
本当に1日20個の職に応募しています。封筒をいっぱい積み重ねて・・・

おーい。私だったらそんなアブユース、訴えてやるよって。

同じノルマを課された、私と同年代かもっと年上の人は
さすがに驚いたのか、モニカと口論になっていました。
でもモニカは折れません。

そんな中で、私の3週間は終わったのでした・・・・


本当は3週間の後、1週間の休みを経て、
その後は週3回来い、とコンサルタントに言われたのですが、
私は子供がいることを主張すると、職に応募したエビデンス(証拠)
を提出すれば、来なくても良い、ということになりました。
良かった良かった。

でもまだあの悲惨な状況は続いているんだろうな・・


私はこれで、とりあえず、もうジョブネットワークに行くことは
殆どなくなりましたが、普通の人は週3日参加しています。
とてもかわいそうです。

こんなことがあったからか、
たくさんの求職者の知り合いができました(笑)。

誕生日が2日しか違わない、同い年のマーティーン、
一度就職したのに1週間で舞い戻ったフィリップ、
日本びいきで、浜崎あゆみと電気グルーヴが好きなベン、
腕利きのグラフィックデザイナーのマーガス、
モニカといつも口論していた、5ヶ国語の達者なニルなど・・

過酷な状況だったけど、
皆で文句を言ったり、おしゃべりできたから精神的に助かった。
今回だけは言葉の壁なんて感じなかった。
みな同じ人間、感じること、思うことはいっしょです。
このことが、ジョブサーチトレーニングに参加して
ひとつよかった事でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evejohnny.blog55.fc2.com/tb.php/99-a68f066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

EveJohnnyママ

Author:EveJohnnyママ
元気いっぱいの年子きょうだいと、家族3名を食わせるために日々奮闘するワーキングマザーです。日本でIT技術者として働いてましたが、国際結婚を機にオーストラリアに移住しました。アデレードからシドニーに引越ししてIT顧客サポートをしています。

コメント・リンク大歓迎です!


FC2カウンター

マウスについてくる星

つぶやき

カレンダー&月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Google 検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。